リバウンド

リバウンドの原因とは

リバウンドの原因は何でしょう。ダイエットを無理に行ってしてしまう人がたくさんいるようですが、何が原因でリバウンドしてしまうのでしょうか。リバウンドは、一度起きるとその後もたびたび起きるようになると言われています。原因を知っておけばリバウンドに注意してダイエットを実行することができます。リバウンドは、体が飢餓状態になった反動が出た時に起きやすいと言われています。ダイエットのために極端にカロリーをカットした食事を摂ることで、体はこの先十分な栄養が摂れないかもしれないと判断します。新陳代謝を低下させると共に、一度の食事をできるだけ脂肪として体に貯め込もうとします。カロリーは充分に足りている食事をしたとしても、栄養が偏ってビタミンやミネラルが不足するとカロリーを燃焼することができずに蓄えてしまいます。食べることでビタミンやミネラルを補おうと、飢餓状態に似た体質にすることで、食欲を促したりエネルギー吸収率を上げたりします。リバウンドの原因となるのものです。りんごダイエットやキャベツダイエットなどがあります。単品を食べ続けるダイエットは特定の栄養成分だけしか摂取できない状態になり、空腹の反動でリバウンドをしやすくなると言われています。リバウンドをしないためには原因となるような極端な食事制限はせず、栄養バランスの取れた食事を3食きちんと摂ることが大切です。

運動不足がリバウンドの原因

リバウンドの原因にはどういったものがあるでしょうか。ダイエット経験者の中には、ダイエット直後にリバウンドしたという人がたくさんいます。ダイエットで食事制限をすることによって体が飢餓状態になるのもリバウンドの原因のひとつです。エネルギー代謝に必要な筋肉が、食事制限を中心にしたダイエットでは失われることが多いようです。食事制限のみのダイエットや、ハードな運動中心のダイエットでは脂肪と同時に筋肉も落ちてしまうことが良くあります。筋肉量が減ると、結果的に基礎代謝量も少なくなってしまいます。いったん体重が減っても、基礎代謝が落ちた体はエネルギーを燃やすことができず、リバウンドしやすい状態になるのです。筋力が低下すると、運動を続けること自体が難しくなってしまうでしょう。運動をしないダイエット方法の場合、筋肉を動かして育てることがないので筋肉が衰え減ってしまいます。ただし、十分な栄養補給をせずに運動ばかりしていても、体に筋肉はつきません。運動によってカロリーを使うため、筋肉に回す分がなくなってしまうからです。食事制限でカロリーやタンパク質は少ない状態でハードな運動をすると脂肪をエネルギーに変換するのが追い付かず、手近にある筋肉を壊してエネルギーとして消費してしまうからです。ダイエットをしてもリバウンドを起こさないためには、一日三食の食事を規則正しく摂取した上で、適度な運動を長期に渡って継続するという工夫が重要になってきます。リバウンドの原因となる基礎代謝の低下を招かないように注意しましょう。

リバウンドの原因からわかる正しいダイエット習慣

リバウンドのないダイエットをするためには、リバウンドの原因を避けることが大事です。どのようなダイエットをすればリバウンドすることなく、ダイエットを成功させることができるのでしょうか。リバウンドのリスクが高いダイエットとは、長く続けると健康を害したり、ストレスが貯まるダイエットです。ダイエットをやめたときに反動が大きければ大きいほどリバウンドが起こりやすくなります。ダイエットが終わってからもダイエット効果のある取り組みを続けていければリバウンド対策になると言われています。食事ですが食べ過ぎは良くありませんが、体がエネルギーを燃焼しやすい状態を維持するために必要な栄養をバランスよく摂取しましょう。運動によってダメージを受けた筋肉を回復させるために、アミノ酸とたんぱく質の摂取は重要です。食事だけでは不足しがちな栄養を補ってリバウンドの原因となる栄養不足状態を解消するにはサプリメントの摂取もおすすめです。体に必要な栄養を補給することでお腹が空きにくくなりますので、カロリー制限のストレスが軽減します。運動も長く続けられることを前提とした楽しく、エネルギーを燃焼できるものを行いましょう。筋肉が衰えると代謝が低下し、リバウンドが発生しやすくなります。目指す体重に達してからも運動は続けて、筋肉が少なくならないようにするといいでしよう。リバウンドの原因を作らないためにも食事と運動を基本とした地道なダイエットに取り組みましょう。